読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主だが一年保たせたい

タイトル通りに1年続けることを目標に、出向いた先で撮影したものを写真以上に拙い文章とともにお送りします

随分と空いてしまいました

D750 SP 24-70mm F2.8 Di VC USD 旅行 長野

やはり1年保ちませんでした

 

ほぼ初めまして状態ですね。ブログタイトル通りに「せめて1年」と思っていましたが、やはり移り気な性分は直せなかったようで。

 

GWの記憶など半年以上空いてしまってメモも無いのでろくに思いだ得たものではありません。なのでせめて取ってきた写真だけ貼ってお茶を濁してゆきます。

 

戸隠神社

バスで途中までショートカットしてからの参拝でしたが最奥まではそれでも随分と歩きました。

f:id:cavalletta:20161222210855j:plain

f:id:cavalletta:20161222210920j:plain

f:id:cavalletta:20161222210942j:plain

f:id:cavalletta:20161222211011j:plain

ウェブサイトにも掲載されている奥社参道の杉並木は圧巻の光景です。

f:id:cavalletta:20161222211035j:plain

f:id:cavalletta:20161222210830j:plain

 

金具屋

ジブリの某映画の建築のモデルとなったとも言われている木造四階建ての日本旅館。

全29室の客室は全てが違う作りとなっており、また一部の部屋は登録有形文化財となっている歴史ある建築物です。

f:id:cavalletta:20161222211535j:plain

もう渋温泉に来てる人こぞって撮ってました。

 

f:id:cavalletta:20161222212951j:plain

f:id:cavalletta:20161222212955j:plain

予約したお部屋は物理的な鍵付きでした。

しかもこの黒書院、部屋に温泉が引かれているんです。

f:id:cavalletta:20161222213317j:plain

温泉が出る蛇口には成分が固着しています

f:id:cavalletta:20161222213514j:plain

客室のお風呂とは思えないようなこの浴室の蛇口にも…f:id:cavalletta:20161222213536j:plain

f:id:cavalletta:20161222213601j:plain

やっぱり湯の花

 

館内

文化財を内包する旅館は何もかもが一味違います

f:id:cavalletta:20161222214023j:plain

屋根付きの珍しい作りの棚が伸びる廊下は元土産物売り場。

f:id:cavalletta:20161222214356j:plain

屋外であるというふうに見立て、その徹底は天井にまで及び、ここの天井は空のごとく青く塗られています。

f:id:cavalletta:20161222214046j:plain

f:id:cavalletta:20161222214110j:plain

f:id:cavalletta:20161222214132j:plain

f:id:cavalletta:20161222214153j:plain

f:id:cavalletta:20161222214219j:plain

f:id:cavalletta:20161222214333j:plain

手すりや階段裏の模様までもが違っているのがお分かりいただけるでしょうか。部屋一つ、壁一つにまで全て異なる意匠となっています。

f:id:cavalletta:20161222214432j:plain

 

f:id:cavalletta:20161222214310j:plain

渋温泉に再訪する機会があれば是非ともまた泊まりたいですね。

 

温泉街

懐古的な空気を楽しめる渋温泉街です。流石はフルサイズと言うべきか、相当にisoが上がっているはずなのですが、ノイズや潰れは見当たらず実に綺麗に解像していますね。

f:id:cavalletta:20161222215236j:plain

シブざるくんも歓迎。後ろの光源の玉ボケが中々いい感じですね。やるなぁタムロン

f:id:cavalletta:20161222215321j:plain

f:id:cavalletta:20161222215213j:plain

f:id:cavalletta:20161222215258j:plain

f:id:cavalletta:20161222215405j:plain

f:id:cavalletta:20161222215429j:plain

f:id:cavalletta:20161222215454j:plain

f:id:cavalletta:20161222215523j:plain子供の頃でもほぼ見かけなかった瓶のファンタ。自販機で買えます

f:id:cavalletta:20161222215703j:plain

f:id:cavalletta:20161222215641j:plain

f:id:cavalletta:20161222215619j:plain

温泉といえばコレ。一つ頂きましたがまだ熟してませんでした

f:id:cavalletta:20161222215553j:plain

 

湯田中駅

新駅の向かいにある旧駅舎。実に良い建物ですね

f:id:cavalletta:20161222220707j:plain

f:id:cavalletta:20161222220730j:plain

f:id:cavalletta:20161222220810j:plain

f:id:cavalletta:20161222220838j:plain

何で切符撮ったのかと思い出してたら、これたしか硬券です。初めてみました。

そして地味にフルサイズに大三元の片手持ち撮影です。コンデジでやれと

 

姨捨

駅から出ずに夜景が楽しめます。旅程最後の目的地でした

f:id:cavalletta:20161222221417j:plain

f:id:cavalletta:20161222221434j:plain

姨捨駅舎。どうして長野はこんなにも絵になる建物ばかりなのか

 

最後に

ブログを開始してから1年は経過しましたが、その実稼働していたのは一月にも満ちません。このまま畳んでしまおうとも考えていましたが、気の向いたタイミングで更新する程度のペースでゆるゆると続けていこうかと思います。

季節毎に「やってる?」くらいの軽い感じで見に来てくださればおそらく新しいエントリーを提供できる、かな?

 

年内更新はもう無いかもしれませんので、一旦締めの挨拶を。では皆様、良いお年を!