読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主だが一年保たせたい

タイトル通りに1年続けることを目標に、出向いた先で撮影したものを写真以上に拙い文章とともにお送りします

明石に行ってきました 【AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II】

 金曜の午後からぽっかり空いてしまったので明石へ出かけてきました。

何の目的もなしに動いたわけではなく、今回はSIGMAのズームできる単焦点と一緒に買ったニコンのキットズームの写りを試してみました。

 何年ぶりの

 望遠ズームなんでしょうね。そも自分の撮る風景は望遠よりも広角でよく撮影するもので、望遠を使ったことといえば最初期に買ったオリンパスE-PL1sに付いてきたダブルズームが最後になります。覚え正しければその時既に次世代機どころかその次が出てるような頃合いで、買える予算内でレンズ交換式のカメラを、と探して底値で買ったようなお買い物でした。

 そこからE-M5を購入しD3300と来てるわけですが…と話が逸れてます。そんなわけでほぼ使ったことのない望遠ズーム、試していきましょうか。

 

DSC_2466_1667_00002広角側55mmで

 f5.6で一枚。一番広い側でも換算82mmオーバー、ファインダー覗いた感想は

「狭っ」

でした。見慣れない画角ってそれだけでも楽しいですね。写りは普通に良さ気です。

 

DSC_2464_1665_00001望遠側200mmで

 同じくf5.6で撮影してたのですがいつもの感覚でSSが60分の1秒しかありません。

優秀な手ぶれ補正があるとはいえ、流石に攻めすぎた数値でしたね。腕のある方ですとうまく撮れるのかもしれませんが、私の場合やはりブレてました。

DSC_2488_1689これが…圧縮効果

 換算300mmもあると明石城天守台から明石海峡大橋も狙えるのですね。圧縮効果なんて見慣れないもので、ただ撮っただけなのに何だか面白いと思えてる自分がいます。

 

DSC_2473_1674_00003

 

DSC_2566_1767_00006

 そんなこんなでコンパクトかつ軽量な55-200で本日はお届けしました。いやぁ軽いっていいですね。18-35mmばかり使ってたので余計に軽く感じました。

 次回は再びSIGMAのヘビー級でお届けすることになるのではないでしょうか。ご機会ございましたら、またどうぞよろしくお願いいたします。