読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主だが一年保たせたい

タイトル通りに1年続けることを目標に、出向いた先で撮影したものを写真以上に拙い文章とともにお送りします

merry christmas と機材変更のお話

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しくクリスマスっぽい写真

20161224_5

神戸のフクロウカフェでおあつらえ向きな一枚を頂いてきました。

kobefukuroucafe.com

 

大阪や京都にあるのは知ってたんですが、神戸にも出来てたんですね。自宅から近くなったので通いやすくなったのは嬉しいお話。

さよならフルサイズ、こんにちはMFT

所で実は本エントリーから撮影しているカメラが変わっております。空白の半年間にD750 に別れを告げまして、昔お世話になってたマイクロフォーサーズに帰り咲きました。22日にmark2が発売されたり12-100mm f4proが好評だったりですが、自分のは先代のe-m1と12-40mm f2.8proです。

更にもう1本、7-14mm f2.8proも買い足しました。前から欲しいと思ってた超広角のズームレンズ、ようやく手にしたはいいんですがコレやっぱり難しいですね。

街中のスナップメインで使うにしてもテレ端で撮ってて広すぎると感じることが割りとあって、最近GRも使ってないけど自分には換算28mmは手に余る世界なのかなーと。

7mmと14mmの差

MFT(マイクロフォーサーズ)での数字なのでフルサイズ換算ですと14mm-28mm。どれくらい違うもんかと同位置から撮り比べてみました。

f:id:cavalletta:20161225175510j:plain

テレ端14mm

f:id:cavalletta:20161225175332j:plain

広角端7mm

画面中央のビルがあんなに小さく…超広角レンズ恐るべし

 

2016.12.24.03

20161224

20161224_6

広角であることに加えてセンサーサイズの小ささも加わり、ボケは期待できません。が、このレンズを使用するときはボケを期待する場面は少ないと思うので特に気にならないでしょう、多分。

それよりも大事なのはMFT規格のレンズなので同画角のレンズと比べて軽いという事!

って軽さを全面に押し出そうとしたらAPS-Cの超広角レンズ、全部7-14mmより軽かったという衝撃の事実。やっぱ重いよね、534g

とは言え小さいです。重いけど小さいです。

なので今後旅行に行くならお供に連れて行ってできるだけ雄大な景色を収めたい所存。

 

そんなこんなで今回はこの辺りで