読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主だが一年保たせたい

タイトル通りに1年続けることを目標に、出向いた先で撮影したものを写真以上に拙い文章とともにお送りします

そうだ京都行こう3 【SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM】

D3300 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM 京都 旅行

 たった半日ほどの京都遠征を小出しに小出しにして早3回。今回は伏見稲荷です。

 

冬は日の傾きが早い

南禅寺を後にし伏見稲荷を目指したのが16時前。伏見稲荷駅に到着した時には当然16時を回り、日が結構傾いて来ておりました。

18-35mmはSIGMAの手ぶれ補正機能OSが搭載されておりません。ですがf値は低めの1.8。いざとなったらISO感度上げたら大丈夫だろう、と安易な考えをしていたのですが…

 

どの程度のものが出来上がったのか、ニコン廉価モデルD3300の力に頼った結果をご覧ください。

ずらりとiso100

 

 

 

DSC_2273_1474_00003iso200

DSC_2281_1482iso720

DSC_2300_1501_00005iso1250

非日常へiso800

 暗くなるに連れてピントもちゃんと掴めておりません。

 

 設定上ではシングルの中央1点狙いで取ってたような気はするのですが大体ピントピークはどこにもなかったり変なとこにありますね。これは酷い。

開放1.8で撮影しているときはさほどisoも上げずに済んだのですがやはり少し絞るだけでiso感度急上昇ですね(そりゃそうだ

 最初はオートの上限800で撮影していましたが、暗くなるに連れてそれでもシャッタースピードが稼げなくなり終盤は上限を3200まで上げていました。

 

 久しぶりの稲荷山トレッキングだったのですが、やはり山頂まで登るとなるとしんどい。普通に観光するなら「おもかる石」のある奥の院ぐらいが丁度いいんですが、頂上である一ノ峰まで行こうと思うと覚悟がいる距離となります。

 で、何故そこまで登ったかというとこの絵が見たかったのです

 

稲荷山からの展望(18-35)日没後のマジックアワーを山頂で迎えての一枚。

三脚は持ってなかったので手持ちでのチャレンジ。f3.5と気持ち絞ろうと試みた残滓が残っていますが、開放でないので微妙にisoも上がるし手ブレを恐れて絞りきれてないしで、なんだかなぁという感想でした。

 やはり夜景撮りなら三脚欲しいですね。マンフロットのbefreeが欲しいと思った京都の夕時でした。